興味を引くような題名にする

題名をつける時に注意したいタイトル

「興味がわかない題名」は、致命的な題名です。メールの送付者も、ただやみくもに送信するのではなく、ある程度はターゲットとなる受取側の嗜好を考慮しなければなりません。送付者の主張のみが感じられるタイトルも、受取側としてはあまり良い印象は受けませんので注意が必要です。あなたのためになるメールだからぜひ読んでもらいたいといった題名も、押し付けのように感じられ好感の持てる題名ではないので避けるべきでしょう。 また、「緊急告知」や「速報」、「重要」などは注意を引く題名として、受取側にインパクトを与える題名です。しかし、その内容がセールスのメールだったりすれば、驚きがあったぶんの反動から嫌悪される可能性もありますので、相手の立場で題名をつけましょう。

興味を引くような題名にするには

受取側にとって題名は、その内容を一目瞭然としなければなりません。また興味がわくようなものや、すぐにでも読みたくなるような題名にするべきです。曖昧な情報は避け、短く簡潔で明確でわかりやすい文章が良いです。カッコや記号を使用し、ビジュアル的にアクセントをつけるのも有効です。ただし、記号を使用し過ぎると読みづらくなり、見慣れていない年配の方には、良い印象を持たれませんので使用する量には配慮してください。 価格や値引率などのお得な情報は、なるべく冒頭に置き具体的な数字を表示しましょう。期間限定や締め切り日時などを表記するのも有効です。また、先行予約や限定販売など特別感を出すのも、受取側としては興味がわく言葉です。名称を記述する際には、ケーキやジュースなど漠然とした名称だけではなく、「期間限定~に人気の○○」などと修飾語や固有名詞をつけてわかりやすく表記してください。