メールの題名だけで内容が分かるようにする

メール配信は読まれなければ意味がない

メール配信とは、一度にたくさんのメールを顧客に自動配信することができるサービスです。メールの宛先や送信などを全て主導で行っているととても大変ですし、非効率。このメール配信機能を使えば、一度にたくさんのメールを自動で送ることができ、業務時間の短縮やメールサーバーのルールに乗っ取って適切な処理を行うことができます。メール配信を上手に活用すれば、売り上げアップや、会社の認知度アップに繋がり、最強のマーケティングパワーを発揮することができるのは言うまでもありません。 しかし、メールは読まれてこそ意味があります。読まれなければ自分が思い描く理想のシナリオ通りにいかなくなり、メールマーケティングとして失敗に終わってしまうでしょう。メールを読んでもらうようにするためには「題名」がカギを握っています。どのような題名にすれば、顧客はメールを開いてくれるのでしょうか。

読まれるメールのポイントとは?

メールマーケティングの効果を最大限に発揮するためには、できるだけ読んだもらえるメールを配信すること、これに尽きるでしょう。時間は有限であり、顧客は送られてきた大量のメールを全て確認することはしたくないはず。メールを送る時は、まずは内容が分かる題名にすることが大切です。そうすることで顧客はこのメールは何のメールなのか瞬時に判断することができ、読まれる可能性がアップするでしょう。 題名が分かりづらいと、「自分に関係ない」と思われて破棄されたり、他の大量にあるメールに埋もれたりしてしまいます。自分にとって有益な情報が記載されている、これは読む必要があると顧客に認識させることで、開封率の大幅アップが狙えます。メール配信を活用するならば、まずは題名で内容やイメージが湧くようなものにすることが大切です。