絵文字を入れて明るい雰囲気を出す

最初はさりげなく使ってみる

メールの題名を考えるときは、絵文字を入れて明るい雰囲気を出してみるのもポイントです。同じ文章でも、絵文字を入れるだけで一気に親しみやすくなります。文章だけで題名を作ると事務的で冷たい印象になってしまいがちです。ビジネスメールでは絵文字も敬遠されやすいですが、配信する相手によっては効果的な使い方があります。絵文字は少ない文字数で気持ちを表現でき、題名をコンパクトにまとめられるのもメリットです。読み手の興味を引きたいときや、より多くの人に読んでもらいたいときは積極的に使ってみて下さい。絵文字を使うのに抵抗がある人は、文章の最後にさりげなく置いてみるのもおすすめです。シンプルで分かりやすい題名を考えてみましょう。

内容によって絵文字を使い分ける

絵文字を題名に加えることで、相手にポジティブな印象を与えやすくなります。題名に明るい雰囲気が出ていると、メールの内容もつい気になってくるものです。ふざけてしまうと逆効果になりますが、相手を不快にさせないような使い方なら全く問題ありません。配信する内容によって絵文字の数を減らすなど、顧客の気持ちを意識しながら文章を考えていきましょう。題名がなかなか思い付かないときは、使ったことがない絵文字の一覧を眺めてみるのもおすすめです。気に入った絵文字をピックアップしておけば今後の文章作成もスムーズに行えます。自然な文章が書けないときは一度声に出して読み上げてみて下さい。違和感のある部分が見つかりやすく修正もしやすくなるはずです。