なるべく登録料を無料にする

気軽に登録出来る環境にする

メール配信サービスは、登録数が増えないと宣伝効果が期待出来ないものなので、無料にして多くの人が気軽に利用出来るサービスにしていく事がまず大事です。たしかに無料でサービスを提供する事は、収益の部分に関してあまり期待できないですが、その分登録者数が増えやすくなりサービスや商品の宣伝をしやすいメリットがあります。そうなると紹介したサービスや商品の知名度が上がり、利用したり購入してくれる人が増えて最終的には収益につながっていく事があります。 初めから有料にすると登録を検討している人も多少抵抗感がありますよね。もし、登録した人にとってためになる情報を提供していなかったら、登録した事が無駄に終わりお金だけ余分に必要になるので、メール配信を有料にするのは登録する側からするとリスクがあります。

登録者数が増えれば有料サービスを始める

メール配信サービスは、しばらくは無料にして登録者数を増やしていきますが、ある程度登録者数が増えると無料だけでなくて有料のメール配信サービスを開始するのも1つの方法です。この場合、当然無料のメール配信サービスはそのまま継続していく事が大事です。また、有料バージョンのメール配信サービスを開始する時には、無料のメール配信と差別化を図る必要があり、無料サービスよりも情報量を多くして、ためになる情報を提供します。 さらに、有料メール配信サービスでは定期的にクーポンを配布したり、お得な懸賞サービスなどを行うと上手く無料バージョンと差別化を図る事が出来て、有料サービスの魅力を伝える事が出来ます。このように、状況に応じて有料バージョンを始めると収益の確保につながるでしょう。

どのメール配信APIを利用するか比較検討する際には、サポート体制が整っているかどうかが考慮すべきポイントの一つです。